×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ROCKSTREET

ROCKSTREETではおすすめのロックバンドを紹介!!または気ままに音楽情報を載せております!!

男性ボーカル、女性ボーカル、注目アーティストなどジャンル分け、これからもどんどん様々なロックバンドを追加していきます!!

今後コメント欄などを作る予定ですが、制作者がまだそのレベルに達していないで 時間がかかりそうです!!(><
すみません・・・・ みなさん楽しんでってください!!

--更新情報--

--問い合わせ--

※ご要望などあれば気軽にご連絡ください!
返信希望の方はアドレスを載せてくださいね!

今週のおすすめロックバンド

 

S★CREATERSとBERMUDAの2バンドが2002年に解散後、それぞれのメンバーが合体し、結成(残りのメンバーはdiscordを結成し、活動中である)。2007年にメジャーデビュー。略称はラスアラ(楽曲「GREENS SUNLIGHT」でも安斉自身が呼称して歌唱している)。バンドのキャッチコピーは「本物のロックスピリット。異質なまでのPOPさ。」。

詳しい経歴は→こちら
★NEW 6/3更新★
★攻激的バンド★
今週のおすすめロックバンド

Jeepta(ジプタ)主に千葉・東京を拠点に活動している。バンド名の由来は絵本、『しょうぼうじどうしゃじぷた』からとっている。正式表記は"J"が大文字の「Jeepta」である。激しさの中に憂いを感じさせるサウンドと、観る者を圧倒するライブパフォーマンスで一目 置かれる4人組。

詳しい経歴は→こちら

音楽情報

ROCK IN JAPAN FESTIVAL2011

★ROCK IN JAPAN FESTIVAL2011★

フジ・ロック・フェスティバル、RISING SUN ROCK FESTIVAL、サマーソニックと並ぶ国内四大ロックフェ スの1つ。それらに比べるとJ-POPやポップパンク系アーティストが特に多いフェスティバルで、それもあってかオーディエンスの年齢層は10代 が多く四大フェスの中で最も若い部類です。DJブース以外は"歌モノ"のグループがメインで、それ以外のジャンルのアーティストは少ない。 RISING SUN ROCK FESTIVALとは同じ邦楽主体のフェスであることから、毎年そのラインナップや内容を比較されることが多いらしいです。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL2011

★FUJI ROCK FESTIVAL '11★

ロックのみならず、ポピュラー音楽全般、和太鼓、 ジャズ、民族音楽、等々、広く網羅しあらゆる音楽を包括したフェスティバルです。 アウトドアを満喫する行楽イベントという意味も含めた「フェスそのものを楽しむ 」ために来場する客も多い。それが会場の和やかで落ち着いた雰囲 気を形作り、その居心地の良さに惹かれた多くのリピーター(いわゆ るフジロッカー)を獲得しているといわれる。ゆえにロックフェスでありな がら40〜50代の中年層客も多く、逆に10〜20代前半の若者は他のフェスに比べる と若干少ないのが特徴でもある。移動費や宿泊費を考えた場合に10〜20代には決して安い額ではないというのも理由として考えられるんですね。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL2011

★RISING SUN ROCK FESTIVAL2011★

北海道の周りに何もない石狩湾新港だからこそ開催できるオールナイトイベ ントで、音楽と共に朝陽を迎えることができる。楽曲はロックだけではなく、いわゆるテク ノ系やレイヴ系のパフォーマンスもあり、他の大型フェスと同じく複数のステージ にて同時進行でライブが行われる。同じく邦楽メインの国内大型フェスティバルであるROCK IN JAPAN FESTIVALに 比べるとJ-POP系のアーティストはかなり少なめでよりロック的なジャンルに沿ったラインナップを志向しており、 全体的なオーディエンスの年齢層もそちらより高い。会場にテントを張って2日間の興奮を味わえるが、毎年会場内 のテントサイトのチケットは争奪戦が激しくなっている。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL2011

★SUMMER SONIC 2011★

関東(千葉)と関西(大阪)の2箇所で同時開催され、出演アーティストを入れ替えるという手法がとら れている。これはイギリスのレディング&リーズ・フェスティバルの形 式を採用したもの,関東の会場は千葉県だが、東京会場と表現される。 全体として「都市型」にふさわしい商業性を全面に押し出した、勢い 偏重のパワーあふれるフェスとなっている。近年は規模の拡大と共にJ-POP・アイドルユニットも出演してきて いる。中高生向けのポップパンクから果ては高齢のベテランミュージ シャンまで出演する実に雑多な顔を持つフェスであり、オーディエンス の年齢層は日本の音楽フェスティバルの中でも幅広い部類。